教会式、神前式、人前式、あなたはどのスタイルで結婚式を挙げる?

教会式の特徴や魅力とは?

結婚式の代表的なスタイルには、教会式、神前式、人前式の3つがあります。いずれも魅力的な結婚式のスタイルだけに、どれが良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、それぞれのスタイルの魅力や特徴についてご紹介します。
まず教会式についてですが、主にキリスト教信者を対象にして行われる結婚式です。宗教がキリスト教でない方でも希望することは可能ですが、その場合は事前に礼拝へ複数回参加したり、勉強会へ出席するなどの条件が求められます。式の場所はキリスト教の教会で、教会専属の牧師や司祭が執り行います。また教会式には、たとえ通りすがりの方でも、自由に結婚式に参列できるという特徴があります。厳粛なる雰囲気で行われることが多く、一生ものの思い出になるでしょう。

神前式と人前式の特徴

続いて神前式と人前式の特徴を見ていきましょう。まず神前式についてですが、これは神社やホテルで執り行われる挙式スタイルを意味しています。式はホテルなどで提携している神職が執り行います。神前式はキリスト教と比べてしばりが厳しくないのですが、収容人数が少なめです。このため親族だけで行うケースが多いと言われています。 そして人前式ですが、これは立会人の証人のもと、2人の婚姻を認めてもらう式のことです。宗教に関係なく執り行われる挙式スタイルであり、2人だけのオリジナルウエディングを行うことも可能です。具体的な内容としては、婚姻届へのサインや、指輪の交換などを行います。結婚式は自由度が高く、幅広い世代で人気の挙式スタイルです。

福岡の結婚式では、タイプの異なる式場の中から希望条件に応じて選べるため、理想的な結婚式を目指す上で役立ちます。